このエントリーをはてなブックマークに追加

足助病院 ユビキノール検診スタート
愛知県豊田市の足助病院にて
ユビキノール検診第2回目がスタートしました!

「ゲンキ還元プロジェクト」では、一定期間、モニタープログラムに参加いただき、血中コエンザイムQ10濃度や生活機能、認知機能、心の健康などの健康チェックを行う「ユビキノール検診」を開催しています。

愛知県豊田市で地域の健康づくりに取り組んでいる足助病院で、2015年12月より同病院の健康セミナーに参加している地域の高齢者を対象にユビキノール検診を開始しました。

モニターに参加いただく方には、コエンザイムQ10(還元型)(ユビキノール)の健康維持に役立つ働きについて説明をします。

その後、生活習慣アンケートやQOL(Quality of life生活の質)アンケート、認知機能テスト、握力測定、一般の血液検査および血中ユビキノール濃度を測定します。

そして、モニター内容として、コエンザイムQ10(還元型)(ユビキノール)を食後に摂取いただくことをお伝えしてサンプルをお渡しします。サンプルのコエンザイムQ10(還元型)(ユビキノール)が終了後、再度健康チェックを行い、モニターの結果を参加いただいた方にフィードバックしていきます。

足助病院では、2014年に同様にユビキノール検診を実施いただきました。 参加者は男性5名、女性29名の計34名。年齢は65.3+−15.7 歳。コエンザイムQ10(還元型)(ユビキノール)のソフトカプセル100mg/1日を目安に2カ月間摂取しました。

摂取前後で有意な変化がみられたのが、「活力」の増加と、血中コエンザイムQ10(還元型)濃度の増加です。

足助病院の早川院長は、もともと健康長寿を延ばすために高齢者には肉類をはじめとしたたんぱく質の補給に注目していました。最近では、筋肉を維持するにはコエンザイムQ10(還元型)(ユビキノール)も必要だとわかってきており、さらにその他の健康維持への働きについても科学的なデータが揃っていることもあり、今回のユビキノール検診に参加されました。
「全体の評価はもちろんですが、ひとりひとりの変化を評価して、しっかりフィードバックすることが大切だと思っています。それで少しでも変化があれば、楽しいな、面白いなと思って、より健康に関心をもってもらえたらと思いますね」

ユビキノール検診につきましては、参加者を募集しています。ご興味のある方はお問い合わせください。

お問い合わせ先はこちら