ゲンキ還元エクササイズ

〜ゲンキに欠かせない呼吸(酸素)と「コエンザイムQ10(還元型)」〜
わたしたちの体をゲンキに動かすエネルギーをつくるには、食事から摂る栄養と呼吸から取り入れる酸素が必要です。その際に重要な役割を果たすのが「コエンザイムQ10(還元型)」です。加齢に伴い減少する「コエンザイムQ10(還元型)」の摂取とともに、呼吸力をつけていくことはゲンキに欠かせません。
本コンテンツでは、ゲンキに役立つ呼吸エクササイズを紹介します。

テーマ:気持ちよく眠る<br><br><b>一日中働いている耳と脚の緊張をとり、<br> 体をゆるめてから休みましょう。</b>

テーマ:気持ちよく眠る

一日中働いている耳と脚の緊張をとり、 体をゆるめてから休みましょう

気持ちよく眠れていますか? 目覚めはいいですか?
「NO」という方は、寝る前の呼吸をチェックしてみましょう。

テーマ:気力をアップ<br><br><b>体に刺激を与え、バランスをよくして<br>快適に動けるようにしよう。</b>

テーマ:気力をアップ

体に刺激を与え、バランスをよくして快適に動けるようにしよう。

忙しくストレスがたまると力みやすく、体の動きも小さくなりがちです。
体に余裕がなく不安定になると、呼吸は浅くなりやすく
気持ちにも影響します。
「何もする気が起きない」「なにもかもが億劫…」という人は
不安定な体や浅い呼吸が要因かもしれません。
そこで今回は「体に刺激を与える」、そして「体の中心をつくる」ことに
フォーカスしたエクササイズを紹介します。

テーマ:太りにくい体をつくる<br><br><b>呼吸の力を活用して<br>しっかり脚腰を使える体にしよう。</b>

テーマ:太りにくい体をつくる

呼吸の力を活用して しっかり脚腰を使える体にしよう。

新しい季節の始まりに「ダイエットする」と決意した方は食事と合わせて呼吸エクササイズで太りにくい体を目指しませんか? 今回は「体の代謝力をあげる」、そして「脚腰を使える体にする」ことにフォーカスしたエクササイズを紹介します。

テーマ:免疫力をあげる<br><br><b>免疫力と関係の深い<br>腸の動きをよくしよう!</b>

免疫力をあげる

免疫力と関係の深い 腸の動きをよくしよう!

寒さが厳しい季節、ついつい体を縮こまらせてはいませんか?
人は体に力が入ると息を吸う、もしくは息を止めてしまう習性があります。息を吸う方が優位になったり、息をとめてしまうと、体に膨らむ力がかかり続け、筋肉や関節にストレスがかかり体の働きが低下しやすくなります。
腸も呼吸の影響を受ける部位のひとつ。今回は、免疫力と関係が深いと言われている腸の動きに刺激を与えるエクササイズを紹介します。

テーマ:イライラを解消<br><br><b>外へ向いている思考を<br>自分の体に戻す機会をつくろう!</b>

イライラを解消

外へ向いている思考を 自分の体に戻す機会をつくろう!

「早く○○を終わらせないと…」という時短思考から焦りやいらだちが生まれれば、とたんに体は力み、呼吸は浅くなります。また、「どうしよう」「こうしよう」と思考を働かせ続けていることも、体に緊張を生むことにつながります。時には、外に向いてしまっている思考を、自分の体に戻す機会をつくりましょう。今回は、体の動きに注意を向けることで気持ちを整えるエクササイズを紹介します。

テーマ:集中力をキープ<br><br><b>不必要な緊張をほぐし<br>体を安定させよう。</b>

集中力をキープ

不必要な緊張をほぐし 体を安定させよう。

呼吸がうまくできていないと、体は不安定で緊張しやすくなり不具合が生まれます。不具合がある体は落ち着きもなくなります。特に下半身や骨盤・股関節まわりは、体の安定を司る大切な場所です。この場所が緊張していると、呼吸が浅くなります。今回は股関節、骨盤まわりの緊張をとるエクササイズを紹介します。

テーマ:溜まった疲れをスッキリ!<br><br><b>息をしっかり吐き切って<br>呼吸の質を改善しよう。</b>

溜まった疲れをスッキリ!

息をしっかり吐き切って 呼吸の質を改善しよう。

ある調査では日本人の約4割の方が慢性的な疲労を感じているそうです。特に季節の変わり目は体調を崩したり、疲れがとれにくいと感じる方が多いようです。疲れを感じると体は緊張しやすくなり、呼吸は浅く止まりやすくなります。しっかり息を吐き切ることで呼吸の質を改善していきましょう。

テーマ:夏バテ対策<br><br><b>不調の大きな原因のひとつは内臓の冷え。<br>胃腸を活性化させる呼吸法で、元気を取り戻そう!</b>

夏バテ対策

不調の大きな原因のひとつは内臓の冷え。 胃腸を活性化させる呼吸法で、元気を取り戻そう!

夏の不調の大きな原因のひとつは冷えです。エアコンによる冷え、自分の汗による冷え、冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎた冷え…。特に内臓は冷えると緊張状態になり、本来の働きがうまくいかなくなります。そのことで、食欲がなくなったり、体がだるくなるといった夏特有の不調=夏バテの原因となります。今回は、胃腸の緊張をとり、活性化させる呼吸エクササイズを紹介します。
まずはあなたの夏バテをチェックしてみましょう。