ゲンキ還元エクササイズゲンキに役立つ「呼吸」を整えるエクササイズを紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ:イライラを解消

外へ向いている思考を
自分の体に戻す機会をつくろう!

いろいろと便利な世の中になっていますが、それでも忙しくしている方は多く、
「時短(時間短縮)思考」が重宝されているように感じます。
「早く○○を終わらせないと…」という時短思考から焦りやいらだちが生まれれば、
とたんに体は力み、呼吸は浅くなります。また、「どうしよう」「こうしよう」と思考を
働かせ続けていることも、体に緊張を生むことにつながります。
時には、外に向いてしまっている思考を、自分の体に戻す機会をつくりましょう。
今回は、体の動きに注意を向けることで気持ちを整えるエクササイズを紹介します。

あなたのイライラ具合をチェック!

unnamed 「1分呼吸」をしてみよう!
007 008 009

楽な姿勢で、20秒かけて鼻から吸い、20秒止め、20秒かけて口から吐いてみましょう。

いかがでしたか?
焦ったりいらだちがおさまらないときは、息が浅くなります。
体の動きを使っておさめていきましょう。

エクササイズを始める前に

unnamed 「深呼吸」をしてみよう! あなたの「深呼吸」はどっち?
016 021

Aのような姿勢で呼吸を行った方、残念ながらそれは「深呼吸」ではなく「大呼吸」です。
深呼吸とは、ただたくさん吸って、たくさん吐けばいいというものではないのです。
この姿勢では、肩や背中に緊張が入り、続けて行うと疲れてしまいます。
本当の意味では、「大きく」というより「深く息を吸い、深く息を吐き切ること」なのです。
もう一度、Bのようにお尻の力を抜いて、膝を少しゆるめ、肩をちょっと内側に入れるように
して立ってみます。そのまま、胸ではなく背中に息を入れるように吸ってみましょう。
体の中心に深く入っていくような感覚がありませんか? 

体の緊張がとれると自然と深い呼吸ができるようになります。深い呼吸で酸素が十分に体にとりこまれると、元気に必要なエネルギーを効率よくつくることができます。


呼吸とゲンキの関係とは?

では、イライラをおさめる呼吸エクササイズをご紹介します。

1秒上げ、30秒下ろし呼吸エクササイズ

一定の速度で上に上げた手を下ろします。
「戻り」という体の法則を使い、気持ちを静かにおさめていきます。


unnamed ここがポイント

手を上げたとき、のけぞらないこと。

OK NG
11_1_1 11_1_2

肩に力が入らないようにします。

うつぶせ呼吸エクササイズ

背骨まわり、お腹まわりをゆるめ、自然と体の中心で呼吸ができるようになるポーズです。


unnamed ここがポイント

横に倒すときは、足をぴったりくっつけたままで!

OK NG
11_2_1 11_2_2

両足が離れないように注意します。

エクササイズ終わりに

はじめに行った「1分呼吸」や「深呼吸」を試してみてください。エクササイズを行う前との体の変化を感じましょう。
焦りやいらだち、怒りなど感情を抑えようと思っておさまるものでもありません。感情を
無理に抑える必要はないと思います。そういうときこそ、「呼吸を落ち着かせる」よう
心掛けましょう。


呼吸整体師・森田愛子さん

鍼灸マッサージ師・ヨガインストラクター・健康運動実践指導士として「体を育てなおす」をコンセプトに渋谷鍼灸理学治療室(K-Raku Style)を運営。「どこに行っても受けられない魔法の整体」として、来院される方のほとんどが紹介、口コミ。経営者、俳優、アーチスト等、各分野のプロフェッショナルからの評価も高い。一児の母。著書に『呼吸整体師が教える 深呼吸のまほう』『いつもの呼吸で病気を流す』『体と心をととのえる 深呼吸のレッスン』。