小豆島ヘルシーランド

ゲンキ還元プロジェクトに参加して、
あなたとあなたの大切な人をゲンキにしませんか?

大切な人をゲンキにしたい、そんなあなたもゲンキでいてほしい。

このプロジェクトは「コエンザイムQ10 (還元型) (Re-coenzymeQ10) 」で
あなたと、あなたの大切な人のゲンキを応援したい!とスタートしました。


ゲンキ還元プロジェクトに参加して、
あなたとあなたの大切な人を
ゲンキにしませんか?


小豆島ヘルシーランド

post-678

小豆島ヘルシーランド

300年続くオリーヴの森をつくる。
オリーヴを育て、その魅力を伝えながら
小豆島をゲンキにしたい!


日本で初めてオリーヴ栽培に成功した小豆島。

その歴史は古く、100年以上前にさかのぼります。

 

「小豆島ヘルシーランド」は、

松下電器産業(現パナソニック)の創業者・松下幸之助の

大番頭・高橋荒太郎翁(小豆島出身)から、

「小豆島に根を残したい。根とは事業である」という

思いを託され1985年に創業。

1992年には、作家の宇野千代さんとの出会いをきっかけに

オリーヴを使った天然美容オイルの通販事業を開始。

昨年2015年に創業30周年の節目を迎えました。


小豆島_1

「小豆島ヘルシーランド」の代名詞、ジ・オリーヴオイル


独自の製法で作られた高品質の「ジ・オリーヴオイル」シリーズは、

多くのリピーターが愛用する定番商品です。

 

現在は「300年続くオリーヴの森をつくる」ことをテーマに

オリーヴを通した“まちづくり”という大きな目標を掲げ、

次のステージへと歩みを進めようとしています。


小豆島_2

左から、オリーヴオイルソムリエセレクションのオーストラリア産、フランス産、レモンオリーヴオイル


300年というと、途方もない歳月のように感じられます。

 

「我が家の過去帳を見ると、私たちの先祖は

300年以上前から小豆島で暮らしていたことがわかりました。

高橋翁から託された思いを受けとめ

さらに広げながら、次の世代に繋いでいくことが、

この地で生かされる者の役目だと思ったんです」

 

ヨーロッパでは6000年も前から美容や健康のために

オリーヴが用いられていたそう。

しかし、日本での歴史は約100年と浅く、

オリーヴがなぜ体によいのかほとんど解明されていないのが現実。

そこで「小豆島ヘルシーランド」では、

「オリーヴ健康科学研究所」を創設、

オリーヴのゲンキ成分についての

研究、情報発信を始めました。


小豆島_3

オリーヴ健康科学研究所の岸本さん


「高齢化時代を迎え、

人としての円熟期をいかに健康で、豊かに過ごせるか。

オリーヴがもつチカラを解明することで、

人々のゲンキに貢献したいと思っています」

 

このように、美と健康への意識の高い環境の中で、

最初にコエンザイムQ10(還元型)の存在を知ったのは、

相談役の柳生好彦さんだったそうです。


小豆島_4

相談役の好彦さん


「2015年の暮、プロジェクトの関係者から

コエンザイムQ10(還元型)を紹介してもらいました。

私はこの通り、元々ゲンキな人間なんですが、

せっかくなので飲んでみたところ

直感で良いと感じました。

カラダの反応も、何か喜んでいるようで、

いつも以上に調子がいい。

それで、社長にコエンザイムQ10(還元型)を紹介しました」

 

敏宏さんは、健康は「小豆島ヘルシーランド」が

掲げるテーマそのものであり、

オリーヴの栽培担当はもちろん、

商品の梱包や搬送など立ち仕事や力仕事も多いスタッフこそ、

「いつもゲンキでいてもらいたい」と、

ゲンキ還元モニタリングに参加を決められたそうです。

 

参加者さんは、ゲンキを実感されたのでしょうか?


小豆島_5

配送担当の笠松さん


「家事の傍ら、月曜から土曜まで仕事をしています。

しかも午前中は立ち仕事が中心。

これまでは疲れからか、日中に眠くなることも多かったんです。

けれど、朝コエンザイムQ10(還元型)を飲むと

1日ゲンキに働けたんです。

これまでサプリメントを摂ったことがなかったので、

こんなに変化があるの!と正直驚きました。

 

しかも、週に何度かママさんバレーをしているので

布団に入るのが夜の12時を過ぎることがあるのですが、

次の日に疲れが残らず、寝起きが良くなりました。

朝5時にスッキリ起きられるんです!」と笠松さん。

 

イキイキとした表情からは、

家事と仕事、趣味を楽しんでいる充実感が伝わってきます。


小豆島_6

モニタリングに参加してくださった、中橋さん、田宮さん、石原さん(DM発送、配送担当)。明るく弾ける笑顔はゲンキそのもの!


そのほかにも、以下のような感想をいただきました。

・寝つきが良くなった気がします

・昼間の眠気がなくなりました

・いつも食後に飲んでいます。手軽に飲めるので続けてみたい


小豆島_7

オリーヴの森の駅


ここを「オリーヴの森の中心にしよう」と、年間3万本以上の苗木を植え続けているそう


モニタリングと並行して、

「小豆島ヘルシーランド」は、ゲンキ還元プロジェクトの

「あなたとあなたの大切な人をゲンキにしたい!」というコンセプトが、

「300年続くオリーヴの森をつくる」という取り組みと

思いを共有できるところが大きいと感じてくださり、

このプロジェクトの応援をしてくださることに。

 

「オリーヴとコエンザイムQ10(還元型)は相性がいいんですよね。

今後、ゲンキ還元プロジェクトと一緒に

新商品の開発や、新しいサービスなどをつくり出していけたらいいですね。

その前提として、私たちが目指す

300年つづくオリーヴの森づくりにゲンキは欠かせません。

まずは、私たち自身がゲンキでいなければ!」。

 

今後の活動の広がりに期待を寄せつつ、敏宏さんが話してくれました。



小豆島ヘルシーランド株式会社

代表取締役社長 柳生敏宏(やぎゅう としひろ)さん

 

 

プロフィール

1978年、香川県生まれ。城西国際大学経営情報学部卒業。メーカー勤務を経て、2006年より小豆島ヘルシーランド株式会社代表取締役社長に就任。

社是「心と体の健康を追求して小豆島の発展に寄与する」のもと、瀬戸内・小豆島の「オリーヴの森」で約2,300本のオリーヴを栽培し、オリーヴをまるごと活かした商品の研究開発・製造・販売を展開する。また、多様な文化が息づくことが「心の健康」にも貢献すると考え、地域観光開発や出版事業の共同運営も行う。

「オリーヴと共に生きる」をテーマに、オリーヴの持つ新たな可能性を日々追求している。

http://shl-olive.co.jp/